スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布袋寅泰『GUITARHYTHM』


GUITARHYTHMGUITARHYTHM
(1988/10/05)
布袋寅泰

商品詳細を見る

01.LEGEND OF FUTURE
02.C'MON EVERYBODY
03.GLORIOUS DAYS
04.MATERIALS
05.DANCING WITH THE MOONLIGHT
06.WIND BLOWS INSIDE OF EYES
07.WAITING FOR YOU
08.STRANGE VOICE
09.CLIMB
10.GUITARHYTHM
11.A DAY IN AUTUMN

「BOΦWY」の解散から約6ヶ月後に発表されたソロ・デビューアルバム。
BOΦWYのメンバーではない、ソロとしての「布袋寅泰」の原点が詰まった1枚とも言える。
ちなみに、「GUITARHYTHM」というタイトルは「GUITAR」と「RHYTHM」を組み合わせた造語。
以後もシリーズとしてこのタイトルが使われている。

この作品には主に2つの特徴がある。
1つ目に、デジタルサウンドを前面に押し出している点である。
BOΦWY時代の「バンド」を押し出した音楽とは異なり、当時発展途上であったコンピュータを駆使した楽曲が展開されているのだ。
BOΦWYを解散し新たな音楽性を求めていたこと、周囲から「他人をコピーするようになったらお終い」と言われたことから「今までのような曲は捨てた」と当人は語っているという。
2つ目に、日本人アーティストには珍しく全曲が英語詞という点が挙げられる。
海外進出を狙っていたということもあるが、「決まったようにサビだけ英語になるのは嫌だった」という本人の意向があったとか。

そんなこんなで実際に聴いてみる。
私の印象としては、当人の意図したことは良い方向に働いていると感じる。
既存の邦楽、ましてや洋楽の枠に捉われない楽曲は、いつ聴いても新鮮だ。
また、英語詞というのも良いのかもしれない。
この曲調で日本語で歌われていたら魅力は半減していただろう。

「ソロになってやりたかった音楽」を体現した作品だと思う。
先述の通り、ギタリズムはシリーズとして続いていくが、シリーズの中では本作が一番の好みである。

レーベル東芝EMI/イーストワールド
筆者の評価★★★★★
ベスト303.GROLIOUS DAYS
10.GUITARHYTHM
05.DANCING WITH THE MOONLIGHT
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

点滅男

Author:点滅男
岐阜県に在住の'91年組の男。
中学時代に懐メロに出会う。車を手にして以降は、東海3県の中古CD店を駆け回っている。同年代の友人に対してカラオケの選曲でジェネレーションギャップ感じがち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。