スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎名林檎『勝訴ストリップ』

勝訴ストリップ勝訴ストリップ
(2000/03/31)
椎名林檎

商品詳細を見る

01.虚言症
02.浴室
03.弁解ドビュッシー
04.ギブス
05.闇に降る雨
06.アイデンティティ
07.罪と罰
08.ストイシズム
09.月に負け犬
10.サカナ
11.病床パブリック
12.本能
13.依存症

椎名林檎さんのセカンド・アルバム。

本作の特徴は「シンメトリー」を導入した点である。
収録曲を見ると、(7)を中心として曲名の発音数が対称をなしている。
ブックレットの配置もシンメトリーであり、収録時間合計も55分55秒という徹底ぶりである。
どういう意図なのかは定かではないが、この拘りは以降の自身の作品及び「東京事変」でも引き継がれていく。

全体の印象としては、前作で確立した「椎名林檎」色を更に昇華さたという感じである。
歌詞やメロディにはより毒気を帯び、ボーカルはアレンジの目立ちにより楽器の一部と化した。
その一方で昭和的な面は影を潜め、60~70年代ロックを彷彿とさせるサウンドが聴こえてくるのである。

収録曲の大半は、デビュー後に書かれたものであるそうだ。
この作品を制作するにあたって、レコード会社側から注文をつけられたり、あまりの多忙さに病に倒れたりしたそうで、その時の複雑な心情が過激な歌詞やメロディによって表現されている。
ネガティブな言葉の羅列の中に見られる「投げやり」や「吹っ切れ」と言った感情は、逆に清々しさを覚えさせてくれる。

このように、毒気を含みながらも飽きずに長く聴ける一枚だと思う。

レーベル東芝EMI/Virgin Music
筆者の評価★★★★★
ベスト504.ギブス
05.闇に降る雨
02.浴室
13.依存症
12.本能
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

ROMANTIC MODE『Romantic Mode』

ROMANTIC MODERomantic Mode
(1996/08/21)
ROMANTIC MODE

商品詳細を見る

01.Don't say 'bye-bye' to your life
02.BURNING LOVE
03.DREAMS
04.REGRET
05.JUST LIKE OLD TIMES
06.Star Gazer
07.ONE WAY LOVE
08.Don't Stop Loving You
09.Brand New Day
10.FRIEND

ROMANTIC MODEのファースト・アルバム。
麻倉晶さんをボーカルに据え、鈴川真樹氏、ジョー・リノイエ氏の制作陣で構成される。

「機動新世紀ガンダムX」のOP曲の(3)に代表されるような、ややアップテンポなデジタルサウンドが特徴。
このような曲を(勝手に)「アニソン的」と呼んでいるのだが、この作品にはアニソン的なカッコよさが込められている。
やはり、ジョー・リノイエ氏によるアレンジ(ただし、編曲クレジットは「ROMANTIC MODE」)が大きく関係していると思う。

麻倉さんのボーカルは、女性らしいクリアさを持ちながらも芯があって力強い。
このグループを結成する以前から歌手活動を行っていた彼女であるが、個人的には彼女のボーカルはアニソン的なサウンドによく合っていると思う。

これら2つの魅力が合わさることで、現代でも十分に通用するクオリティの高さを放っている。
「ROMANTIC MODE」というと「ガンダムの主題歌」を連想しがちであるが、私のようなアニメ音痴にも勧められる一枚である。

ちなみに、(1)の作詞は西脇唯さん。
自身の楽曲では少ないテンポの速めな曲であるが、プロの作詞家らしいメッセージ性の高い詞を聴くことが出来る。
西脇さんはROMANTIC MODEのアルバム毎に1~2曲ずつ詞を提供しているので、西脇さんのファンならば是非とも所持しておいて頂きたい。

レーベルキングレコード
筆者の評価★★★★★
ベスト308.Don't Stop Loving You
03.DREAMS
09.Brand New Day

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

土岐麻子『STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~』

STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~
(2004/11/10)
土岐麻子

商品詳細を見る

01.Just One Of Those Things
02.When You Wish Upon A Star
03.Another Star
04.I've Got You Under My Skin
05.Nature Boy
06.Human Nature
07.Little Girl Blue
08.(I Can't Get No)Satisfaction
09.PLAY OUR LOVE'S THEME

「STANDARDS」シリーズ第2弾。

「on the sofa」とあるように、「ソファで寛ぎながら聴ける」というのをコンセプトにしたそうだ。
そのため、サックス中心の「ジャズ感」満載だったサウンドからポップ寄りのサウンドへと変化している。

前作同様、ジャズナンバーをはじめジャンルを超えた楽曲をカバーしている。
しかし、「星に願いを」でお馴染みの(2)からThe Rolling Stonesの代表曲である(8)まで、その幅は前より広がったように感じる。
更に、Michael Jacksonの(6)やBarry Whiteの「愛のテーマ」こと(9)など、70~80年代のアメリカのヒット曲も数々見られる。
そこに土岐さんの音楽的ルーツがあるということなのだろうか。

(8)などは最初こそ多少違和感は覚えるだろうが、原曲の良い所を残しながら土岐さん流にアレンジしているの点が素晴らしい。
作品全体の聴きやすさに関しては前作以上だと思う。
前述の通り全体的にポップ寄りのサウンドで、若干「ジャズ」というジャンルから逸れているような気がする。
しかし、コンセプト通りリラックスさせてくれる一枚として長く聴ける作品だと思う。

レーベルLD&K
筆者の評価★★★★★
ベスト309.PLAY OUR LOVE'S THEME
03.Another Star
02.When You Wish Upon A Star

テーマ : ジャズ/フュージョン
ジャンル : 音楽

杉山清貴&オメガトライブ『RIVER'S ISLAND』

RIVER’S ISLANDRIVER’S ISLAND
(1984/03/21)
杉山清貴&オメガトライブ

商品詳細を見る

01.RIVER'S ISLAND
02.ASPHALT LADY
03.DO IT AGAIN
04.SATURDAY'S GENERATION
05.君のハートはマリンブルー
06.最後のナイトフライト
07.BECAUSE
08.RAINY HARBOR LIGHT
09.SILENT ROMANCE

杉山清貴&オメガトライブのセカンド・アルバム。
「River's Island」というのはニューヨークのことを指しているそうだ。

アルバム名やジャケットからも分かるように、「夜の都会」をテーマとした楽曲で展開されているのが本作の特徴。
アレンジを若干抑えながらもサウンドを一層洗練させ、「都会」のイメージを押し出している。
それにより、前作では清涼感全開だった杉山さんのボーカルも、本作では「大人っぽさ」を感じさせるようになった。
そのクリアなボーカルによって、落ち着きがありながらも輝きを放っている「大人の恋」の世界観が描かれているのである。

その一方で、前作にあった「夏色」は薄まったように感じる。
一般的には「夏」の楽曲をイメージしがちな「杉山清貴&オメガトライブ」であるが、彼らの新しい一面を知るには良い一枚だと思う。

レーベルバップ
筆者の評価★★★★★
ベスト305.君のハートはマリンブルー
02.ASPHALT LADY
08.RAINY HARBOR LIGHT

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

点滅男

Author:点滅男
岐阜県に在住の'91年組の男。
中学時代に懐メロに出会う。車を手にして以降は、東海3県の中古CD店を駆け回っている。同年代の友人に対してカラオケの選曲でジェネレーションギャップ感じがち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。