FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRINCESS PRINCESS『LET'S GET CRAZY』

LET’S GET CRAZYLET’S GET CRAZY
(1988/11/21)
PRINCESS PRINCESS

商品詳細を見る

01.GET CRAZY!
02.それなりに いいひと
03.STAY THERE
04.LOVE AND BLOOD
05.へっちゃら
06.夕陽がよんでいる
07.瞳だけはみつめない
08.ひとりじめ
09.ストリート・ウーマン
10.M
11.HEART STOMPIN' MUSIC

PRINCESS PRINCESSの3枚目のアルバム。
この作品では、「ガールズバンド」を押し出した前作のコンセプトを更に昇華。
完全にライブを意識した作りになっている。

収録曲順もライブを意識しているように思える。
盛り上げて、しっとりと聴かせて、また盛り上げて…
サウンドこそスタジオ録りではあるが、ライブに行ったような気分を味わわせてくれる。

プリプリの代表曲の一つである(10)は、この作品が初収録。
後に「Diamonds」のカップリングに起用され、表題曲とともに幅広い世代に知られるようになる。

「M」という曲自体は20年以上経った今でも十分に通用する名曲であることには間違いない。
しかし、このアルバム内の位置づけにおいては疑問を抱いていた。
アップテンポな曲たちの中にぽつんとバラードが入っていて、コレではこの曲だけ浮いてるんじゃないかと。

でも、この作品コンセプトが「ライブを意識したもの」であれば納得がいくように感じる。
寧ろ他の楽曲たちに溶け込みながら存在感を放っているようにも思える。
「最後から2番目」という順番のおかげなのかも知れない。


他の楽曲に関しても、メンバーの個性が歌詞やメロディを通してハッキリ表れるようになったと思う。
作詞、作曲のクレジットを見ながらメンバーの「らしさ」を見つけながら聴くのも良いだろう。

レーベルソニーレコード
筆者の評価★★★★★
ベスト310.M
07.瞳だけはみつめない
11.HEART STOMPIN' MUSIC
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

点滅男

Author:点滅男
岐阜県に在住の'91年組の男。
中学時代に懐メロに出会う。車を手にして以降は、東海3県の中古CD店を駆け回っている。同年代の友人に対してカラオケの選曲でジェネレーションギャップ感じがち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。