スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土岐麻子『STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~』

STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~
(2004/11/10)
土岐麻子

商品詳細を見る

01.Just One Of Those Things
02.When You Wish Upon A Star
03.Another Star
04.I've Got You Under My Skin
05.Nature Boy
06.Human Nature
07.Little Girl Blue
08.(I Can't Get No)Satisfaction
09.PLAY OUR LOVE'S THEME

「STANDARDS」シリーズ第2弾。

「on the sofa」とあるように、「ソファで寛ぎながら聴ける」というのをコンセプトにしたそうだ。
そのため、サックス中心の「ジャズ感」満載だったサウンドからポップ寄りのサウンドへと変化している。

前作同様、ジャズナンバーをはじめジャンルを超えた楽曲をカバーしている。
しかし、「星に願いを」でお馴染みの(2)からThe Rolling Stonesの代表曲である(8)まで、その幅は前より広がったように感じる。
更に、Michael Jacksonの(6)やBarry Whiteの「愛のテーマ」こと(9)など、70~80年代のアメリカのヒット曲も数々見られる。
そこに土岐さんの音楽的ルーツがあるということなのだろうか。

(8)などは最初こそ多少違和感は覚えるだろうが、原曲の良い所を残しながら土岐さん流にアレンジしているの点が素晴らしい。
作品全体の聴きやすさに関しては前作以上だと思う。
前述の通り全体的にポップ寄りのサウンドで、若干「ジャズ」というジャンルから逸れているような気がする。
しかし、コンセプト通りリラックスさせてくれる一枚として長く聴ける作品だと思う。

レーベルLD&K
筆者の評価★★★★★
ベスト309.PLAY OUR LOVE'S THEME
03.Another Star
02.When You Wish Upon A Star
スポンサーサイト

テーマ : ジャズ/フュージョン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

点滅男

Author:点滅男
岐阜県に在住の'91年組の男。
中学時代に懐メロに出会う。車を手にして以降は、東海3県の中古CD店を駆け回っている。同年代の友人に対してカラオケの選曲でジェネレーションギャップ感じがち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。