スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村孝子『私の中の微風』

私の中の微風私の中の微風
(1986/07/02)
岡村孝子

商品詳細を見る

01.見送るわ
02.微風
03.美辞麗句
04.夏の日の午後
05.はぐれそうな天使
06.Baby,Baby
07.ラスト・シーン
08.ひとりごと
09.今日も眠れない

岡村孝子さん2枚目の作品。
(5)がCM曲に起用され、ソロとしての知名度が高まっていた時期に作られたものである。

全体的に「自分探し」を主題としているのは前作と変わらない。
ただ、前作以上に「暗い」という印象を持ってしまった。
デビュー前に書き貯められていた前作の楽曲より、デビュー後に作られた今作の楽曲の方が「あみん」的であると言えば良いのだろうか。

明るいメロディの中に「恨み」を綴った前作に対して、今作ではトーンの低いサウンドに「後悔」や「もどかしさ」の世界観が描かれている。
ソロ活動を望む声に応えてデビューしたものの、様々な声に戸惑い悩んでいた(と思われる)当時の心境が、歌詞を通じて感じさせられる。
それでも心の強さというか、前向きさを思わせてくれるのが岡村さんの楽曲の魅力だと思う。

この作品の最大の特徴は(5)である。
来生たかおさんの同曲のカバーであるが、先のようにソロとしての知名度を高めた曲であると同時に、岡村さん唯一のカバー曲でもある。
原曲の良さを残しながらも岡村さんなりの解釈を加えている点が素晴らしい。
あみん時代自作の曲に拘った岡村さんが何故歌ったのか定かではないが、一応は代表曲の一つに数えられている。

この記事を書きながら1曲1曲を聴いていると、完成度の高さは中々である。
ただ、岡村さんの作品の中では最後の方に聴き始めた(=他の作品を聴いた上でこの作品に触れた)ので「暗さ」が余計に目立ってしまった。
初めて聴くと多少の違和感を覚えてしまうかも知れない。

レーベルファンハウス
筆者の評価★★★★☆
ベスト306.Baby,Baby
02.微風
05.はぐれそうな天使
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

点滅男

Author:点滅男
岐阜県に在住の'91年組の男。
中学時代に懐メロに出会う。車を手にして以降は、東海3県の中古CD店を駆け回っている。同年代の友人に対してカラオケの選曲でジェネレーションギャップ感じがち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。