スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRINCESS PRINCESS『TELEPORTATION』

TELEPORTATIONTELEPORTATION
(1987/05/21)
PRINCESS PRINCESS

商品詳細を見る

01.ガールズナイト
02.恋はバランス
03.言わないで
04.ソーロングドリーマー
05.想い出の隙間
06.ユー・アー・マイ・スターシップ
07.海にひとしずく
08.ヒプノタイズド
09.モーション・エモーション
10.ヴァイブレーション

PRINCESS PRINCESSの1stアルバム。
この作品の以前に「Kissで犯罪」をリリースしているが、あちらは「ミニアルバム」という括りの為か、この作品が実質的な1stフルアルバムとして数えられている。

この作品が前作と決定的に異なる点は「全楽曲を作詞作曲している」ことである。(但し(2)のみ作曲は鈴木キサブロー氏)
そのため、アイドル色の強い前作とは異なり、自分たちの「やりたい音楽」が聴いて感じられる作品となっている。
彼女たちのこの精神は、ラストアルバムまで貫かれている。

初期の作品ということもあるのか、全体の若々しさが印象的だ。
ボーカルはもちろんのこと、可愛らしいフレーズも時々聞こえてくる。
シンセ主体の曲はいかにも80年代で今となっては古く感じられるかも知れないが、先の2つも含めると逆に新鮮に感じさせてくれる。

疑問に思っているのは、このアルバムにおける(2)の存在意義である。
デビューシングル曲ということもあるのか、若干のアイドル色が残っている気がしてならないのだ。
せっかく新しい方向性を見出せたのだから、この曲に関しては未収録でも良かったのではなかろうか。
…曲自体は結構好きな方なんですけどね。

レーベルソニーレコード
筆者の評価★★★★☆
ベスト307.海にひとしずく
06.ユー・アー・マイ・スターシップ
09.モーション・エモーション
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

点滅男

Author:点滅男
岐阜県に在住の'91年組の男。
中学時代に懐メロに出会う。車を手にして以降は、東海3県の中古CD店を駆け回っている。同年代の友人に対してカラオケの選曲でジェネレーションギャップ感じがち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。